雨台風によるダム放水後の湯原出撃の記録

昨日土曜日は、5年振りにダム全放水口開け
500トンもの水が駆け抜けた湯原に出撃してきました!


いつも停めている駐車場に向かうものの
河原に散乱する巨岩の多さに驚きます。


旅館八景に向かう吊り橋からダム方面を眺めてみれば、やはり流れが大きく変わっています!

b0031493_1422268.gif


しかも濁りがキツく、一部では二股の流れの片方がないなど、環境の変化が大きいです。
何よりこれまであった藻がすべて流され、石についていた水生昆虫もすべて流されたと思われます。


さてさて、釣りの方は。。
盛夏ということもあり、他のFFMは、早くもインジケーターでの釣りをされている
ようですが、


まずは、暗くなってからの方がよい!カナブンフライを試しますが
空を切るばかりで、下流へ移動します。


たまのライズやココはイソウと思われる場所には、既に先行者がいたので、
誰もいない。。足湯のそばで立ちこみます。
(↑ココもダム放水の影響があり、足湯付近のコンクリ片が露になるほど放水の威力を
感じます)


本日タックルは、シングルハンド!での出撃で、リーダー3X、
釣友の瀬戸ジャイアンツさんから、大物残っているので、竹竿使わないほうが
お互いにとってベスト!ということで、こちらのタックルを使用しています!!


ついで、使用するフックもカナブンフライは8番を筆頭にあれやこれやと
選択ミス!!


結局、釣れたフライは、杉坂研治さん推薦のフレックス(ブラックリーチフライ)を
生命感漂うように、時にはフリーで流したりして、気長にヒッパリ系で試しました!



他のFFMの歓声が響く中、ようやく来たのは、いきなり50UPのコイツです!

b0031493_1436468.gif



体高も結構ありますし。。元気にリカバリーして帰っていきました!

b0031493_14374015.gif




その後も色をオリーブに変えたりして、サイトフィッシング!!

b0031493_14382523.gif




基本、魚は見えないんですが、魚の黒い影や水生昆虫に対するライズ等、
要素はたくさんあるので、アンテナ張っていれば幸運に巡り合えますヨ。(笑)


5年前の放水では、釣り自体がよくなるのに。。3年かかったそうです。
今回の放水では、水量がはるかに超えているので、それ以上かかるかもしれません。


しばらく様子見していきますが、魚の状態(水生昆虫がいない事による影響も)を
懸念します。
by transplus | 2011-09-11 14:11 | ●Fly Fishing

あるがまままに、それが「自分流」


by transplus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30